小学生6年生ですから今年が最後の運動会

我が家の末っ子の運動会がありました。
小学生6年生ですから今年が最後の運動会。
そんなに思ったのはわれわれ夫婦だけではなくて
舅義母もそんなふうにだったようで、当日の昼前、突如
福島からマイカーで駆けつけてまいりました。
80過ぎなのにすごすぎる!
あたいは今まで3人の乳幼児を育てて来たけど
運動会というのが正に憎悪で。
お弁当を組み立てるのも苦悩だし、暑いし、砂埃はあるし。
例年、この時期になるとぐったりしちゃって。
必ず降雨が降らないようにといった祈るばっかり。
末っ子が小学生に入ったタイミング、指折り数えて「先6回」って
やっちゃったほどなんですよ。
も、あんな運動会も今年がフィナーレ。
フィナーレだと思うと感慨深いものですね。
私の天命にあたって、小学校の運動会に来ることは
再びもう一度弱い(孫の運動会はあるかもしれないけど
その時はただ見てればいいだけのはずし)
大きな食事ボックスも、滅茶滅茶高い敷物も、
どんどん混ざる水筒もどこかにしまい込んで仕舞うんでしょう。
思えば乳幼児3人物で15世代。例年思い切り頑張ったわーーあたい。
自分で独力を褒めちゃおうかな。
けど、こんな風に乳幼児の運動会を見ていられるポイント、それが
普通の「果報」なんだと思います。
舅義母の喜びそうな顔を見て「こういう人達に孫を産んであげてよかった」という
思いました。
めったに、我が家の末っ子はウハウハ学年としてやっと徒競走で3位の快挙!
そうしてダディーって走った共同では実に1前後!
有終の美を飾りつけました。ライン掲示板でIDを交換するならココ